スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
家作り:内装・設備工事(11)引渡
2007 / 02 / 24 ( Sat )
2月11日は待ちに待った引渡の日。(本当に待っていたのは嫁さんの両親だろう)
本当は10日になっていたのだが、「仏滅」ということで、1日ずらし「大安」の日に
した。

早速先日指摘しておいた修理箇所について、チェックして回った。1FLDKから
洗面脱衣室、浴室など一部屋ずつ確認して回った。

壁紙の汚れや傷など、しっかり直っていた。しかし、下駄箱下部の揃えが良くなかった
ところついては、修正を試みたが上手くいかなかったらしく、もう一度やり直して
くれるとのこと。

2階についても同様に見て回り、前回ショックだった樹脂サッシの欠けは一箇所は
修理されていたが。もう一箇所は忘れられていたようなので、ここもやり直して
もらうことに。

外部ではエアコンやベランダのドレイン管も外壁の色に合わせて塗装され、目立たなく
なった。小屋裏のエアコンのドレイン管は突き出しを詰めてもらい、塗装してもらった
のだが、既に足場がないので相当怖かったらしい。ありがとうございます。

あと、2階から小屋裏への階段にある内倒し窓を開けるための棒がまだなかった。
これが無いと、シーリングファンの電球を電球型蛍光灯に替える小道具が作れません。
よろしくお願いします。

などなど、一通り確認したところで補修箇所は入居後でも補修可能と言うことで
無事引渡の書類にサイン&捺印した。

そして工事用とは異なる本物の鍵をもらった。

この本物の鍵を一度使用すると、工事用の鍵は使えなくなるとのことだ。
物は試しと、初めての「本物の鍵」を私が使ってみることに!
年甲斐もなく嬉しくてとにかく試してみたかったのです………。

本物の鍵は工事用の鍵に比べて、5mmほどか長い。

実際はじめて本物の鍵を鍵穴に挿したときにはその長さ分で突っかかる感触があった。
そのままちょっと押し込むと根元までささって、回すことができた。

当然鍵がかかった。再度鍵を開けて工事用の鍵を使ってみたが、鍵を回すことは
できなかった。見守っていた家族が皆「へぇ~!」と感心していた。

そのあとまた本物の鍵を挿してみたときには先ほどのような突っかかりはなかった。

現場監督さんが機器類の取扱説明書をファイルにまとめてくれたが、これがまた
分厚い………。

「使って覚えろ!」とその厚みから無言のプレッシャーが伝わってくる。
それに引き換え、家の嫁さんは「マニュアル」を読むのが大好きだ。

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。




SEO対策:建築
SEO対策:外構
SEO対策:内装
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02:39:08 | 内装・設備工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<家作り:引越(3) | ホーム | 家作り:内装・設備工事(10)エコキュートの説明>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://myhomehama.blog73.fc2.com/tb.php/81-ebff51cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。