スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
家作り:設備-オール電化(IHクッキングヒーター)
2006 / 09 / 07 ( Thu )
今はやりの「オール電化」を採用することにした。

大きな理由の一つに、建替え場所となる嫁さんの実家がプロパンで、
新しく都市ガスを引こうとすると、本管から30Mも道路を掘り返し、
ガス管を引かなくてはならないからだ。

かといって、LPガスを利用するにしてもランニングコストが高い。

また、いわゆる高高(高気密高断熱)住宅であるので、できる限り火は
使いたくない。そういう理由からだ。

IHクッキングヒーターも初めはいかがなモノかと、半信半疑だった。
電磁波の影響もまだ確定的な安全性が示されているのかも?である。
しかし、ほぼ0センチで身につけている携帯電話からも出ているし、
ここは目をつぶる。

実際IHクッキングヒーターを試してみたこともある。
実感として、火力は以外と強い、というか、お湯はガスよりも早く
沸く。
さらに、お湯が沸いて水蒸気が出るまで、周囲の空気がほとんど暑く
ならない。 夏の室内の温熱環境に於いて、その差は大きいのでは
ないか。

これと比較すると、ガスの炎が出す熱が、空気中にどれだけ逃げて
いるかが逆によくわかる。

また、調理デモを見に行った時のこと。そこで驚いたのは、天ぷら鍋に
具を投入、その直後、鍋にフタをするように広告チラシを置いたのだ。

「こうするとさらに油の飛び散りが無いんですよ」とのこと。
まさに「ほ~~~~~~!」であった。

火を使わずに、温度管理ができるIHクッキングヒーターならでは
である。

とはいえ、天ぷらなべの油が少なかったり、鍋底が平坦でなく浮き
上がっていたりすると温度が上昇しすぎて発火事故を起こすことが
あるようなので、過信は禁物だ。

調理器具をいくつか調達しなくてはならないが、器具選びも慎重に
行おう。
それもそうだが、チャーハンを作る時にはやっぱり木べらが2本
必要なのか?

決めたモデルは1、2階同じでIH2口(3Kw+2.5Kw)、ラジエント
ヒーター1口のタイプで、オールメタル対応にはしなかった。
オールメタルでアルミ鍋などが使えるのは魅力的なのだが、
発熱効率があまり良くないと聞いたので、わざわざ高いモデルは
必要ないと考えたからだ。
10年経ったら、再度考えてみよう。

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。

スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23:12:20 | 設備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<家作り:設備-オール電化(エコキュート) | ホーム | 家作り:設備-システムキッチン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://myhomehama.blog73.fc2.com/tb.php/5-a4595c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。