スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
家作り:住宅ローン
2006 / 10 / 12 ( Thu )
先日、東京三菱UFJ銀行から分厚い封筒が届いた。

札束か!と冗談を言いながら空けてみると、住宅ローン
返済予定表だった。

それにしても分厚い。35年固定、420回の返済計画だ。

自己資金のみで家が建つ訳でもなく、住宅ローンを組んだ。

住宅ローンを組むにあたっては、フラット35や各金融機関系の
住宅ローンを多数比較検討した。

フラット35は建築資金(何処までの範囲かは不明だが)の80%
までだが、保証料、繰上返済手数料が不要という点が心惹かれた。
団体生命保険料は別途必要だったかと思う。

金融機関系は初期は安い金利で、一定期間が過ぎると金利が再度
見直しとなり金利が変動するタイプがあった。
金利が低いうちにガンガン繰上返済するには良いが、家族の
状況などで繰上返済する余裕がなくなると、金利が変動した場合に
どうなるか心配。
借入額が少なければこれでも良いが、私の場合はちょっと・・・・・。

ということで、私たちが第一候補にしたのは銀行系の
35年超長期固定タイプ。金利は今が底と自分に言い聞かせ決めた。

フラット35と比較すると団体生命保険も含まれ、借入額は建築費の
全額でも、収入が借入額の基準を満たす範囲で借り入れできる。
(間違っていたらゴメンナサイ。)
緊急資金は手元に残し、再来年の1月頃に余剰資金を繰上返済しようと
考えている。

で、その中でも東京三菱UFJ銀行の住宅ローンに決めたのは、
・5人以上同居になると、さらに0.1%優遇される。
・繰上返済手数料が比較的安い。
・7大疾病の特約保険に安く入ることができる。
(特約保険は途中で止めることもできる。
 途中から入ることはできないらしい。)

今後、もっといいサービスが出てくるかも知れないが、申込時点で
自分たちにとって最良と判断した。

景気回復、経済成長、少子化などなど、金利の上昇・下降要因は今後も
いろいろ出てくるだろうし、考えてもきりがない。

ちょっと話は逸れるが、頭金を貯めて、ローン総額を減らすという
方法もあるが、借り入れ前に金利が上昇してしまうと利子も増加して
しまい、頭金と利息が相殺されてしまう可能性もあるらしい。
建てる時期が遅くなれば、生涯に住める期間も短くなりますし・・・・・。

とまあ、そんなこんなで、今月から住宅ローンの返済が始まる。
まだ家は建っていませんが・・・・・・。

住宅ローンと家賃の2重払いがあと半年ほど続く。
日ごろにもまして節約しなければ!!!!!!!!!!!!!!!

・三菱東京UFJ銀行 7大疾病保証付住宅ローン(オプション)
・三井住友銀行 3大疾病保証付住宅ローン(オプション)
・フラット35 民間と公庫が提携 最長35年長期固定金利住宅ローン
・月刊住宅ローン 住宅ローンに関する専門サイト

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。




スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

10:58:06 | 住宅ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<家作り:基礎工事-JIO基礎配筋検査 | ホーム | 家作り:間取り-子供部屋>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://myhomehama.blog73.fc2.com/tb.php/23-84043b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。