スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
家作り:設備-照明(3)
2006 / 10 / 05 ( Thu )
コイズミのショールームに行って来たつづきのつづき。

さて、いよいよ1階のLDK部分の照明を見ることに。

吹き抜け部分の梁の上は、直管の蛍光灯を設置するので良いとして、
問題は中層部分の明かりだ。

シーリングファンを設置するので、通常のペンダントライトはダメ。
シーリングファンに照明をつける方法もあるが、延長の棒を使って
低く設置しても、電球を交換できそうにない。

思案のあげく、縦長のリビングの突き当たりの壁面に、壁付けの
ブラケットをつける設定にしてみた。
家具配置の予定ではテレビを置く場所の上部にあたる。

前面へは光がそれほど漏れず、上下の壁面を照らすタイプだ。
(実際に実物を見て回って、目線の行く先(視線に入る)にある光源
は、眩しくないものにするのがいいと思った。)

これで一応吹き抜け部分はまとまった感じだ。

次はダイニング部分。
ダイニングテーブルは180サイズor200サイズを置く予定なので、
この時点では3つのライトが縦に並んでいるものを選んだ。

この部分は一応機器は選んだが、テーブルの位置とその中心部分に
引っかけの口を付けておいてもらうだけでも良いかもしれない。
(天井から直接照明を下げるようにしない限りは、レール式のものも
多数出ている。自分でもアレンジがしやすい部分だ。)

ついでに、階段部分の照明も見てみた。

階段形状はコの字型で、側面の壁両側に設置するようになっている。
ここで奨められたのが、一見普通の壁付けのブラケットだった。
が、上下にカスミが入ったシェードがついていた。

壁付けの照明なので、上から見下ろしたり、下から見上げることに
なる。そのときに、直接電球の光が目に飛び込まないとのこと。
前面・上下に光を回しながら、直接見ても眩しくないというのは
良かった。実物を見たからこその感想だ。

ここでとりあえず終了。
あとで、プランニングボード?なるものを送ってくれるとのこと。

設計士の方やインテリアコーディネーターの方と相談してみよう。
もちろんお値段も!

一点懸念点も。
今回のプランニングでは雰囲気良く照明計画がなされているが、
年を取ると、更に明るくする必要があるらしい。

そんなとき吹き抜け付近が暗く感じるようになってくるのではないか?
との心配も。

テーブル上の照明と吹き抜け部分の間に、引っかけ口を付けておいて
もらおうかな。
あとからでも、簡単に引っかけ口を追加できるのであろうか?
それともスポットライトの追加か?

これも併せて聞いてみよう。
照明については悩みどころがまだまだたくさん出てきそうだ。

・コイズミ照明株式会社
・大光電機株式会社
・照明専門店 生活あかり館
・住宅設備機器 タカラShop 照明器具

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。

SEO対策:照明
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23:58:44 | 設備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<家作り:設備-照明(4) | ホーム | 家作り:設備-照明(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://myhomehama.blog73.fc2.com/tb.php/20-dade9c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。