スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
家作り:内装-壁紙(1)
2006 / 09 / 25 ( Mon )
壁紙は難しい。

インテリアコーディネーターさんがついて、色層の話や建具との調和
など、簡単に説明してもらった。
(簡単に説明されただけでも、かなり奥が深そうだ。)

1階は親世帯だが、1階LDK、洗面脱衣室・風呂は家族全体で利用する。

小さなサンプル帳で予めめぼしをつけていたが、大きなサンプル帳で
みると、色見など雰囲気が違って見える。大きくなるほど、白っぽく
見えてくる。
大きなサンプル帳を見ながら、コーディネーターさんのアドバイスを
受けつつ、一部屋ずつ壁紙を決めていくことに。

まずは小さいところからと言うことで、トイレ。

1階のトイレは親世帯で決めた。
アイボリー系でワンポイントの小さな模様の入ったものだ。
(これについては、また変更になりそうな雰囲気もある。)

2階のトイレは同じくアイボリー調だが、色を使った模様はなく、
エンボス処理で光の加減により小さな花柄が浮き出るものにした。
凹凸もそれほどなく、掃除もしやすそうだったので、これに決めた。

1階洗面脱衣室はシンプルな、ほぼ白に近いものにした。
こちらも凹凸が少なく、掃除がしやすいもので選んだ。

2階の主寝室は落ち着いて眠れることを主に置いた、濃い色目の
アイボリー色で、自然素材風の織布調にした。
勾配天井の天井面も同じものを選択した。
見切り板などは配せず、全面での使用となる。
この方が、角や方向がきれいにそろい、仕上がりもよく見える
と言うアドバイスもあった。
電球色の明かりと併用して、落ち着いた雰囲気になるといいな。

主寝室に付属のクローゼットは明り取りの窓などもないため、明るさを
稼ぐ為にほぼ白に近いものを選択。天井面は更に白いものにした。

2階の子供部屋は当面は子世帯のリビングになるが、将来を見越して、
明るすぎず、落ち着きすぎずのアイボリー色の織布調にした。
天井面はそれをもう少し白くした同系のものにした。
(まあ、独立した部屋にする頃には、張り替えるようになる可能性も!)

1階親世帯の和室は、壁紙を和紙風のものにしたようだ。
サンプルを見てみても、けっこうやわらかい感じで雰囲気も良い。
天井は板目を選ぶのかと思いきや、自然素材風の織布調を選んだ
ようだ。

理由がちょっと面白くて、
「30年以上天井は木目だったから、木目はもういい。」と言う
ことだ。

親世帯の洋室はまだ仮決め状態。1階LDKの様子を見て決定するとの
こと。

残るは1階のLDKと、1階玄関・廊下部分から1~2階段、2階DK、
2~小屋裏階段、小屋裏のひとつづききの部分。

次回、さらに大きなサンプルを取り寄せて確認するようだが、また
大きく雰囲気が違って見えるかもしれない。

まだまだ悩みどころは多そうだ。

・サンゲツ
・リリカラ
・壁紙のトキワ

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。

表参道ヒルズの人気インテリアショップ、イデアフレームス

SEO対策:建築
SEO対策:内装
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23:31:19 | 内装 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<家作り:設備-トイレ | ホーム | 家作り:基礎工事-地盤調査>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://myhomehama.blog73.fc2.com/tb.php/13-0d52e5dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。