スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
オール電化生活:エアコン設置
2007 / 06 / 30 ( Sat )
6月2日土曜日
エアコンの設置工事がありました。
エアコンは近くの家電量販店で購入。“型落ち品”で固め、
コストパフォーマンスを追求しました!
新製品は高くて手がでませんでした……。機能もそんなに変わらないし。
お掃除機能付きも良かったのですけどね。

1階のLDK=5.6K型と2階のリビング=4.5K型は超省エネタイプ。
2階のDK=2.8K型と寝室=2.8K型は再熱除湿付きの省エネタイプにしました。
合計4台。

朝9時ごろから工事が始まりました。
当たり前ですが、高気密をうたっている家だけに、壁に穴を開けられる時は精神的に良くないです。
でもよくよく考えてみれば、24時間換気の換気口の穴が各部屋に空いているんですよね。

職人さんが2人で工事は約4時間で終了しました。

1階LDKは東側の南寄りの壁に設置しました。壁面も広かったので設置にはなんの問題もありませんでした。
ie20070602_1
 ↓↓
ie20070602_2
カバーの色が選べたのですが、ゴールドがどんな部屋にも合うということでこれにしました。結構落ち着いていて良い感じだと思います。

2階のリビングは将来的には真ん中で分けて子供部屋になるので、一番効率が良い部屋の真ん中には設置せず、南側の西寄りに設置することにしました。室外機はベランダです。
しかし、室内機の横幅が意外と長くて、窓の枠にぎりぎりかからない位の位置に何とか設置することが出来ました。
ie20070602_3
カバーの色はグリーンを選択。カーテンの色もグリーンなのでちょっとは調和が取れているように見えるかな。

DKは西側の南寄りに設置しました。ここの室外機は当初から1階の地面に置こうと思っていたので、あらかじめ隠蔽配管にしておいてもらいました。2階から1階まで配管が見えないので家の外観はすっきりしています。
ie20070602_5
隠蔽配管時の注意点として、換気機能があるような高機能なエアコンを設置する時は換気ダクトが通っていないのでダメのようです。
設計時に頼めば換気ダクトも隠蔽出来るのだろうか?
うちで選んだ機種は普通のエアコンだったので問題なく設置できました。

2階の寝室は装飾レールが付いていて、横幅が入らないと言うことだったので装飾レールの上に設置してもらいました。
ie20070602_4
この部分は吹き抜けになったいたので高さに余裕がありました。
吹き抜けじゃなかったら、設置位置に困ったと思います。

使い心地は………、まだあんまり使っていません。
再熱除湿は確かに寒くならなくて良いですね。

ブログランキング参加中にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。

--------------------------------------------------------
韓国ドラマ情報も発信中です。こちらもよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------




SEO対策:オール電化SEO対策:気密
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

09:48:22 | オール電化生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<DIY(外構):東側の外回り(2) | ホーム | DIY(外構):東側の外回り(1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://myhomehama.blog73.fc2.com/tb.php/103-3fa26b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。