スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
家作り:木工事(4)
2006 / 11 / 29 ( Wed )
11月11日~11月15日の工事進捗の記録。

いよいよ窓が入り始めた。北側の高い箇所にある換気窓意外は、樹脂
サッシの「SCウインド、エクセルウインド」だ。換気窓は複合サッシ。
ie20061112_1

窓枠とサッシ枠の間には気密テープが貼られている。また、壁全体にも
外断熱の発砲スチレンボードが貼られ始めていた。
ie20061112_2
ie20061115_1

断熱材の合わせ目にも気密テープが貼られ、隙間という隙間が気密
テープによって閉じられていく。
ie20061115_2
ie20061115_3

当然と言うべきか、垂木と断熱材が交わる部分の隙間にも気密テープ
貼られていた。
ie20061115_4

・樹脂サッシ エクセルウインド
・発泡スチレンボード断熱材 カネライトフォーム

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。

・リョービ 今すぐDIY! コンボキット 19,800円 (税込20,790円)
BCK-1200 インパクトドライバー、ドライバードリル、フラッシュライトのセット!

打撃機構で木ネジも素早く締める!インパクトドライバ
多段クラッチ付で穴あけも思い通り!ドライバードリル
長時間使用できて手元明るい!バッテリー型ライト
全部同時に使用できるようにバッテリー3個付!!

・リョービ インパクトドライバ

左からCID-800、BID-1225、BID-1230

SEO対策:外断熱
SEO対策:建築
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01:27:43 | 木工事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
家作り:木工事(3)
2006 / 11 / 17 ( Fri )
家作り11月8日~10日の進捗状況

1階の床の根太やそれを支える鋼製束が設置されていた。
ie20061110_1
鋼製束は一つ一つしっかりと樹脂でべた基礎に固定してある。

鋼製束と根太はこんな感じで、組まれていた。
ie20061110_2

また、蓄熱暖房機(最大で6Kwタイプ=300kgほど)を予定している
場所には、根太も倍の本数が据えられていた。
ie20061110_3

窓を設置する枠には気密テープが貼り付けられていた。
ie20061110_4

屋根の側面部分にも断熱材が入っていた。
ie20061110_5

壁面用の発泡ポリスチレン断熱材が積み上がられていたので撮って
みた。継ぎ目となる部分には気密テープが貼られている。
ie20061110_6

みるみるうちに形になっていく。でもまだまだこれから。

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。





SEO対策:外断熱
SEO対策:建築

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18:27:07 | 木工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家作り:木工事(2)
2006 / 11 / 15 ( Wed )
11月7日時点の進捗状況。
屋根の断熱材施工に引き続き、耐力壁になる部分への筋交が入り、
外壁の構造用合板が張られ始めた。

隅柱や通し柱にはホールダウン金物がしっかりと取り付けられていた。
ie20061107_1

耐力壁になる部分には筋交いが入り、金物で固定してあった。
ie20061107_2

また、窓枠部分が形になってきていて、外壁部分には資材を通す部分
以外にラーチ構造用合板(9mm)が張られ、家の外観がはっきり
してきた。
ie20061107_3

床下換気口部分には「SC床下換気口」が取り付けられていた。
自分の好みに合わせて開閉し、温熱環境を工夫することが出来る。
外側には金網が付いていて虫の進入を防げるようだ。
ie20061107_4

床下換気口を閉じた状態で内側から見ると、フタ自体が断熱材になって
いて、密閉できるようになっている。
ie20061107_5

外壁下地の合板が張られたことで、家の存在感が増してきた。

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。



SEO対策:外断熱
SEO対策:建築

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18:23:03 | 木工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家作り:木工事(1)
2006 / 11 / 08 ( Wed )
10月27日の上棟後は屋根の工事が進んでいる。
11月4日に見に行くことができたので、その様子を記録しておく。

上棟直後の柱だけの状態からすると、屋根の形が出来るだけで、
とても家らしくなってきた。
yane20061104_1

垂木の上に屋根下地材の合板が載せられ、その上に発砲ポリスチレン
断熱材が敷き詰められている。
yane20061104_2

敷き詰められた断熱材は防水テープでしっかりと張り合わされている。
yane20061104_3

また、この断熱材か断熱ラインであるのと同時に、気密性にも
関与してくるので、この張り合わせもきっちり行うのが重要。

そして、断熱材と屋根材の間に空気の通り道(アウターサーキット)が
設けられていて、屋根材から伝わる熱がここを通って、屋根最上部の
棟換気から外部に排出される。
yane20061104_4

外部の通気層は他の多くの住宅メーカー・工法でも採用されている
ので、今の私の住宅環境から比較しても、住み心地の向上は期待
できるだろう。
さらなる違いは多くのメーカーが採用している天井断熱ではなく
屋根断熱であること。どれくらい違うのかは住んでみないとなんとも。

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。



SEO対策:外断熱
SEO対策:建築
SEO対策:基礎

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18:16:57 | 木工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家作り:上棟(3)
2006 / 11 / 05 ( Sun )
上棟が終わり内部の様子を撮影した。今回は構造部材や耐震金物など
について、まとめておこう。
大壁柱・管柱は3.5寸、通し柱・隅柱は4寸の集成材。
joto20061028_4
joto20061028_5

2階床下地は28mmの構造用合板。
joto20061028_8
この構造用合板自体が剛床構造となり、地震の際の建物のねじれを
防ぐ役目を果たすとのこと。
2階の床下を1階から見ると、根太もみあたらない。床の剛性が高い
からなのだろう。
joto20061028_10

耐震金物も主要箇所には当然使用してあり、ひとまずは安心だろう。
(最近流行のごつい金物ではありません。オプションで出来るみたい)
土台のアンカーボルト他に、隅柱のホールダウン金物(この時点では
留めてありませんでした。)や梁などを留める金物など、しっかり
と施工されていた。
joto20061028_6
joto20061028_7
joto20061028_11

柱が組みあがると、結構大きく見えるようになった。
後、屋根や外壁がつくと更に雰囲気が変わるだろう。
その前に、壁などで見えなくなってしまう部分は、今記録に残すしか
ない。写真を撮りまくるぞ!(お父さんが……………。)

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。



SEO対策:外断熱
SEO対策:建築
SEO対策:基礎

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18:10:16 | 上棟 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家作り:上棟(2)
2006 / 11 / 04 ( Sat )
10月27日に上棟し、28日に内部が見られるということで、
中に入って、写真を撮ってきた。
joto20061028_0

ソーラーサーキット住宅の特徴として、基礎と土台の間には
気密パッキンが使用される。(通気性のある基礎パッキンではない。)
joto20061028_1

床下換気口の開閉で、床下~壁体内換気を季節によって
調節する。冬は床下から小屋裏までを密閉状態にして、暖気の流出を
抑える。夏は床下から取り入れた空気が内壁内を通り、余分な熱を
吸収して小屋裏ファンを通して室外に放出される。
ソーラーサーキットのイメージ図はこちら

その壁体内の空気の流れを作るために、梁などにスリットが
入れてある。
joto20061028_2


二階の床には、これから施工される発泡ポリスチレン断熱材が多数
置かれていた。
joto20061028_3


>>月刊住宅ローン 住宅ローンに関する専門サイト

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。

SEO対策:外断熱
SEO対策:建築
SEO対策:基礎

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18:06:22 | 上棟 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家作り:設備-照明(9)
2006 / 11 / 03 ( Fri )
さて、2階の子世帯の主寝室だが、上に予定していたカバー付きの
蛍光灯は床設置は不可というメーカーからの返答があり、ココは
カバー無・インバーターつき直管蛍光灯20W×1本のものにした。
FL管、HF管の両方が使えるものを選んでもらった。価格も控えめ。
FSA41030FVPN9

上から吹き抜けの壁&天井を照らすスポットライトは、1Fの吹き抜け
で使っているスポットライトと同じデザインの壁付けタイプを選んだ。
25W電球型蛍光灯(E26)×1灯

1~2F、2F~小屋裏の階段室の照明は当初小型の壁付けのモノに
していたが、コの字階段ということもあり、各コーナーに設置する
ことにした。
物をぶつける心配も少なく、破損の可能性が低いのも理由の一つだ。
デザインは以前決めていたものと同デザインのコーナータイプ。
小型タイプなのでランプが直接視線に入らないように上下にセード
が付いている。
ABE545444

個人的にだが、ガラス製品はコイズミのものが雰囲気がよかった。

さて、これで手持ち器具意外で一通りの選定が終わった。あとは
器具+設置工事費の見積もりが楽しみだ?

・照明器具 タカラShop
・照明専門店 生活あかり館

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。

-----------------------------------------------------------------
National(松下電工)  シーリングライト照明器具 HFAZ6074おるすばんツインPa【6~8畳】
外出中は『家にいるふり』、もし進入されても光と音で『警告』というTVCMで
おなじみ。
価格 21,100円 (税込22,155円) 送料込

70形ツインパルック蛍光灯1灯
WΦ550・H130
●高拡散クリーンアクリルカバー(乳白)
●低誘虫UVカット仕様
●同梱ランプ:FHD70ENW
●リモコン(全灯・段調光・LED・滅)
●壁スイッチ(全灯→段調光→LED)
●蛍光灯はリモコンで〈100%~10%〉調光
●LEDはリモコンで6段調光
●おるすばんセンサ、おるすばんタイマーリモコン送信器同梱
●おるすばん機能付
●音声ガイド付(省エネ・ランプ交換お知らせ機能付)
●虫の入りにくい密閉パッキン構造
●55度までの傾斜天井に取付可能(木ネジ使用時のみ)
●他の調光器と組み合わせての使用はできません。
●光色変更品番 HFAZ6074L(電球色)

-----------------------------------------------------------------

SEO対策:
SEO対策:照明

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

17:56:37 | 設備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家作り:設備-照明(8)
2006 / 11 / 02 ( Thu )
吹き抜けを含まないLDK部分はまずダイニングテーブル周りに
ダウンライトを4灯とし、その中心にペンダント用の引っ掛けを
用意してもらうことにした。また、吹き抜け寄りのソファーが来る
上あたりにダウンライトを2灯配置した。
ダイニング側とリビング側でライトの位置がちぐはぐにならない
ような配置を提案してもらったので、図面上ではすんなり収まって
いるように感じた。
(電球は共通で13W(E2)電球型蛍光灯ランプ。白熱球60W相当。)
ADN550315

ダウンライトの内側はメタルのものと白塗りのものがある。
現時点ではメタルにしている。
それも、オーデリックのショールームで実際に見てみたのだが、
明るさはメタルのほうがあるように思われる。
(カタログ値では白塗りのほうが明るいようですが。)
しかし、視界に入った時のまぶしさは、反射がきつい分メタルが
まぶしかった。残像感もメタルのほうが強いかも。
内部は白いものにしてもらおうかと嫁さんと相談中。
(品物はコイズミですが。)

こぼれ話:ソーラーサーキットのわが家の場合、天井に断熱材は
入っていない。なのでダウンライトもM型で良いようなものだが、
S型にした方が気密パッキンが入るので、天井からの音漏れが軽減
できるということで、SG?の規格のものを採用している。

キッチン部分は棚やシステムキッチンが無い状態で約5.5畳。
システムキッチンと食器棚を置くと、残りは3.5畳分くらいか。
どのくらいの灯数・W数が必要かと相談したところ、手元灯も
つけるので、HF直管32W×1本で充分ということだったので、
ダイコーのHfインバーター32W×1本のものにした。高さ75mmで
比較的薄型のものだ。

キッチンの手元灯は1,2FともにコイズミのFL20Wのインバーター
で、スイッチの指掛かりが良いものにした。価格も安いし。
ABN547022

洗面脱衣室はインバーターの30W丸形蛍光灯の防湿、防雨型とし、
ここの蛍光灯だけは昼白色とした。洗濯物の汚れ落ちなどが
わかりやすいかどうかは分からないが。

1,2Fのトイレ・廊下はミニクリプトン球の浅型ダウンライトとし、
内部はメタルのものにした。現状は60Wになっているが、実際の
明るさを見て、W数を落とすことも考えよう。
ADE550180

玄関の室内灯はちょっと洒落て小型のシャンデリアにでも
しようかと思ったが、そんなに広くもないので、インバーターの
スリム丸形蛍光灯28Wの小型シーリングにした。人感センサーも
付けていない。
(実際ショールームで見てみると、小型シャンデリアもデカイ。)

玄関灯は結局壁付けの電球型蛍光灯を使用するものにした。
(白熱灯60W相当。)人感センサーもなく、夜は消してしまう。
道沿いの街灯が近くにあり、照らしてくれるので、人感センサーは
必要ないのではという考えからだ。
AUN545374


・照明器具 タカラShop
・照明専門店 生活あかり館

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。



SEO対策:
SEO対策:照明

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

17:45:38 | 設備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。