スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
内装・設備工事:光ファイバインターネット開通!
2007 / 05 / 22 ( Tue )
4月12日木曜日
引越前に申し込みをしておいた、インターネットが開通する日でした。

以前はCATVのインターネットを使用していたのですが、ケーブルテレビもあまり見なくなり、電話もそれほど安くなかったので、引越を期に光ファイバ+IP電話にすることにしました。

光ファイバの選択肢と言ってもうちの方では大きく分けて、Bフレッツ、TEPCO光、KDDIひかりone、GyaO光で、戸建て向けとなるとBフレッツ、TEPCO光、KDDIひかりoneでした。

いろいろと迷ったあげく決めたのが、『KDDIひかりone』ホームタイプ

価格差はあまりなかったのですが、光電話の安さとメールアドレスが5つ無料で作れるところが魅力でした。

それと、まだメジャーどころではないので、開通できれば速度も期待できたからです。

さて、工事当日、エリア内と言うことだったので近くの電柱まで光ファイバが来ているのかと思いきや、200M程離れたところから電線の工事を行っている模様。おそらくうちまで光ファイバを引いていたのでしょう。
そしてうちの前まできて工事終了。おそらく、いや間違いなくうちまで光ファイバを引く工事のようでした。

続いて11時頃工事担当の人がやってきました。モデムは2階寝室のウォークインクローゼットの中に設置することにしてあって、あらかじめ光ファイバ用の引き込み管は入れてもらっていました。なので、モデムを置くところまでは比較的簡単に光ファイバが引き込まれてきました。

モデムの位置は小屋裏でも良かったのですが、将来無線LANルータも一緒に置こうと考えているので、小屋裏では遠すぎて電波が届かないのが心配だったからです。

光ファイバをモデム(ONU)につなぐところを覗き込んでみましたが、ほんと細いですね。
工事は1時間半くらいでモデム(ONU)の設置まで完了しました。

ここから先のルーターの設定は自分でもやれるようなのですが、「かけつけ設定サポート」というのが無料で付いていて、ルーターとPCの接続からメールアドレスの取得(1つ)をやってくれると言うことだったのでこれも頼んでおきました。

工事が終わって30分後くらいでしょうか、かけつけ設定サポートの担当の方が家にやってきました。
早速モデムの場所まで案内して、ルーターの設置とパソコンの設定をやってもらいました。これも意外なほどにすんなり終わり、メールアドレスの取得まで1時間ほどで終わりました。
ie20070412

使用感は快適そのもの。速度も良い感じで出ています。
気持ちの問題ですが、CATVのモデムより遙かにモデム本体の発熱が少ないです。消費電力も少ないのかなあ?

さて、速度ですが、5月22日23時の時点でスピードテストをやってみると、
「80Mbps」
結構速いです!!

地域に限りがありますが、『KDDIひかりone』ホームタイプ オススメです。

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。

▼スピードテストはここから


▼『KDDIひかりone』
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23:20:06 | 内装・設備工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
内装・設備工事:カーテン発注
2007 / 03 / 13 ( Tue )
1階のLDKは既にカーテンは設置済みなのだが、2階のカーテンは未だに
無い状態。引越までに設置するにもそろそろ時間がない………。
ということで、3月4日意を決してカーテン屋さんに2階のカーテンを買いに行った。
と言っても、一応オーダーカーテンなので、当日買って来れる訳ではない。

行ったお店はカーテンアイ。最近1万円のオーダーカーテンのチラシで
目にするお店。これまでにも何回か見にいったことがあります。

お店に到着してまずはレースカーテンを見始めた。レースカーテンは
ミラーレースの遮熱というのが雑誌通販に載っていたので、オーダーで
作るか、雑誌で購入して自分たちで微調整するかという選択肢があった。

2階は窓にシャッターが無いため、遮熱と遮光は考慮しないと夏場が
大変だ。窓ガラス自体も遮熱or断熱にはしていません。

標準サイズで1窓5,000円のミラーレースのUVカットというものに集中して
探した。選べるほど意外と種類はある。のっぺりしすぎていたり、いかにも
ミラーですというような生地のものははずして行くと、嫁さんと自然に意見が
合うレースカーテンが見つかった。
このほかにも、夜でも外から見えにくいというものがあったが、夜はドレープ
引くし、遮熱のものは1窓1万円だったので諦めた。
夏場に本当にダメなら遮熱のものを通販で買います。

いったんレースカーテンから離れ、ドレープカーテンコーナーに移動。
2階はシャッターが無いので、2階リビング(将来子供部屋)と主寝室は遮光性の
あるものから選ぶことにした。
遮光にしても1級、2級と遮光という表示だけのものがあり、1級か2級を
中心に見て回った。

リビングにも合って、子供部屋になっても使えるドレープとなると、なかなか
良いのが見つからない。私が好きな色が薄い緑色。これには嫁さんも同意して
くれている。いくつか候補を考えた後、二人の意見が一致したのが2つあり、
2つ比較して、明るめというか浅い色のほうに決定。遮光2級。
腰窓1つに掃出し窓2つがこのカーテンになる。

さて、主寝室。こちらは意外と早く決まった。ちょっと深めの色のベージュ系。
草?の模様が入っているもの。壁紙の色とも調和してとても落ち着いた感じに
なるに違いない……と思いつつ………。遮光2級。
腰窓2つと掃出し窓1つがこのカーテンになる。

さて、型番を控え店員の方に見てもらう。もちろん、カーテンレールの巾や
レールのカンからの高さなどは調べて来ています。最近ではお店にはカーテン専用の
メジャーが置いてあるので、借りると便利です。
(紙製を無料で配っているところもあります)

さて我が家の場合2階のリビングは腰窓、掃出し窓共にダブルの普通の
カーテンレールが枠内についていて、主寝室はレース用の普通のカーテンレールが
枠内に、ドレープ用の装飾レールが壁付けになっている。
この辺の説明をしながらカーテンのサイズ調整とフックの種類を店員さんが
決めていってくれた。

通常のカーテンレールの場合、手前(室内側)に来るカーテン(今回はドレープ)は
カン上に3cm出すサイズにして、カーテンレールが隠れるようにするという。
で、奥(窓側)のレースカーテンはAフックを使って、仕上げ自体もドレープより
1cmほど短く仕上げるということだ。フック自体もアジャスター機能があるようで、
微調整は可能ということだった。

リビングの腰窓、掃出し窓は枠内なので、掃出し窓はドレープの高さを1cm短く、
腰窓はけっこうピッタリサイズお願いした。レースはそれにあわせたサイズ。

主寝室はレースカーテン用のレールは枠内なので、カン上3cmの仕上げで、
高さは-1cm、ドレープカーテンは壁付けの装飾レールなので、Aフックで高さは
希望の仕上がり寸法でお願いした。
腰窓はレースカーテンはカン上3cmの仕上げで、高さはぴったりに、ドレープは
Aフックで高さは希望の仕上がり寸法でお願いした。通常は枠から15~20cmほど
長くするようだが、棚を置きたいのでちょっと短め(+10cm)にしている。

そして6窓分で見積もりは
建物表示登記の節約分で何とかなりそうだ。

とうことで、手付金を渡して発注となりました。完成予定は3月18日。

完成までの間カーテンを窓分無料でレンタルしてくれるということだったので、
もちろん貸してもらいました。いや~カラフルで楽しい感じです。

でも、カーテンがないより室内の暖かさが増したとは思うのですが……
また週末に聞いてみます。

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。

カーテン選びはサイズも豊富で価格も控えめな通販も魅力的
セシール - 春のカーテン特集カーテン・カーペット・玄関マットで気分をリフレッシュ!!:ベルーナ
ニッセン
ベルメゾンネット

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00:46:06 | 内装・設備工事 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
家作り:内装・設備工事(11)引渡
2007 / 02 / 24 ( Sat )
2月11日は待ちに待った引渡の日。(本当に待っていたのは嫁さんの両親だろう)
本当は10日になっていたのだが、「仏滅」ということで、1日ずらし「大安」の日に
した。

早速先日指摘しておいた修理箇所について、チェックして回った。1FLDKから
洗面脱衣室、浴室など一部屋ずつ確認して回った。

壁紙の汚れや傷など、しっかり直っていた。しかし、下駄箱下部の揃えが良くなかった
ところついては、修正を試みたが上手くいかなかったらしく、もう一度やり直して
くれるとのこと。

2階についても同様に見て回り、前回ショックだった樹脂サッシの欠けは一箇所は
修理されていたが。もう一箇所は忘れられていたようなので、ここもやり直して
もらうことに。

外部ではエアコンやベランダのドレイン管も外壁の色に合わせて塗装され、目立たなく
なった。小屋裏のエアコンのドレイン管は突き出しを詰めてもらい、塗装してもらった
のだが、既に足場がないので相当怖かったらしい。ありがとうございます。

あと、2階から小屋裏への階段にある内倒し窓を開けるための棒がまだなかった。
これが無いと、シーリングファンの電球を電球型蛍光灯に替える小道具が作れません。
よろしくお願いします。

などなど、一通り確認したところで補修箇所は入居後でも補修可能と言うことで
無事引渡の書類にサイン&捺印した。

そして工事用とは異なる本物の鍵をもらった。

この本物の鍵を一度使用すると、工事用の鍵は使えなくなるとのことだ。
物は試しと、初めての「本物の鍵」を私が使ってみることに!
年甲斐もなく嬉しくてとにかく試してみたかったのです………。

本物の鍵は工事用の鍵に比べて、5mmほどか長い。

実際はじめて本物の鍵を鍵穴に挿したときにはその長さ分で突っかかる感触があった。
そのままちょっと押し込むと根元までささって、回すことができた。

当然鍵がかかった。再度鍵を開けて工事用の鍵を使ってみたが、鍵を回すことは
できなかった。見守っていた家族が皆「へぇ~!」と感心していた。

そのあとまた本物の鍵を挿してみたときには先ほどのような突っかかりはなかった。

現場監督さんが機器類の取扱説明書をファイルにまとめてくれたが、これがまた
分厚い………。

「使って覚えろ!」とその厚みから無言のプレッシャーが伝わってくる。
それに引き換え、家の嫁さんは「マニュアル」を読むのが大好きだ。

ブログランキング参加中家作りのブログが多数あります。
ブログランキングに参加しています。応援してください。




SEO対策:建築
SEO対策:外構
SEO対策:内装

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02:39:08 | 内装・設備工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

パソコンテレビGyaO<ギャオ>最新番組情報 [完全無料動画]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。